ソウル・デパ地下

ソウルに行くと必ずデパートを何件か覗きます。

メインの目的はもちろんデパ地下。

日本にないものがあって面白いのです!

 

 

 

↓今回一番びっくりしたのがこれです。

おばちゃん達が、「おいしいよ〜」みたいなことを言いながら、軽快なリズムで大きなボウルの中のものを和えていました。

 

よく見てみると、青唐辛子と貝に赤唐辛子の粉末とたれを混ぜているようです。

とにかく体全部を使って、わっせ、わっせ、と、次から次へと、休みなく、和えまくっていました。

おばちゃんの機敏な動きに、目が釘付けです。

(エプロンに貝のマーク付いてます・・笑)

 

和えるとすぐにピザ用みたいな薄い器に盛り、次から次へと売れていきます。

 

わたくしもつい、つられて買いそうになりましたが、こんな大量の辛い貝、どうやって食べたらいいのかわかりませんので、思いとどまりました。

 

 

↓チルトパックのおかずやスープも豊富で、この国は、お料理しなくても生きていけると確信しました。

 

甘いものコーナーには、日本のお菓子もたくさん並んでいましたが、今ソウルで人気なのが、このクラッカーにクリームをサンドしたものだそうです。

前回は日本のチーズケーキ屋さんに長蛇の列がありましたが、今回はこのクラッカーサンド屋さんが一番並んでいました。お店もしょっちゅう入れ替わっています。

流行に敏感で、熱しやすく冷めやすいソウルっ子に対応するのは、デパートも大変だな〜なんて思いながら、楽しいデパ地下巡りでした。