美味しかったもの、いろいろ

を時系列に・・

 

↓ミラノに来たらまず最初にいただくのは、いつもコトレッタです。

おしゃれな人で埋め尽くされたマンダリンオリエンタルの中庭は、ファッションウィークならではの雰囲気で、ちょっと背筋を伸ばしての楽しいランチでした。

 

 

ミラノ最終日は、話題のレストラン・ミシュラン2星のEnrico Bartolini。

JAPANチームの皆様と涙が出るほど笑い、思い出のディナーとなりました。

↓お料理は全て美味しかったのですが、とっても可愛かったのは、海藻やフルーツが練りこまれたバターと、

 

↓小菓子として出てきたミニパネトーネちゃんです♡

 

 

ロンドンに着いてすぐ直行したのは日本食レストラン「いけだ」です。

学生の時から通いつめていて、すし職人の畠山さんとは何十年のお付き合いです。この日も、わたくしが学生だった頃の懐かしい話で盛り上がりました。

↓一番人気の「サーモンスキンロール」。

パリパリに焼いたサーモンの皮を照り焼き味にしたもの。わたくしにとってはここでしか味わえない癒しのメニューです。

 

ロンドンでは友人の家で、何杯もお茶をいただきながら、何時間もおしゃべりをしてすごしました。

↓これはブラックティーにソイミルクを入れたもので、友人が今はまっているという飲み方です。日本の豆乳と風味が違うので、ちょっと香ばしく、なかなかでした。

 

 

RWホテルのルームサービスでいただいたパンケーキです。

寝ぼけていたのに、パッと目覚めるほど美味しかった!!です。

 

ロンドン最終日には、友人たちを招いて、RWホテルのアフタヌーンティーを楽しみました。

2018年のアフタヌーンティーのコンペティションで、コンテンポラリー部門で1位を獲得したそうです。

↓サンドイッチがし〜っとりおいしくて、ペロリでした。たまごサンドの隠し味がたまらなくて、皆んなでおかわりしました。

ケーキはピカソやアンディーウォーホールのアートにちなんだ、個性的なビジュアルですが、お味が美味しいのでこれもペロリ。

 

 

こうして美味しかったものの写真を見返すと、一緒にすごした人たちとの楽しい時間も記憶によみがえりました。

 

こんな幸せな旅をすることができて、家族やスタッフに感謝です。

初秋のお料理

いつも楽しみにしている本湖月のお勉強会へ行って参りました。

大阪は蒸し暑く、秋の装いでは汗ばむくらいでしたが、お料理としつらえに秋をたっぷり感じました。

 

↓ずんだ、白芋茎、雲丹。左上の銀のプレートはお月様を表現。

 

↓煮えばなの酢飯、最高のタイミングで出されて感動。

 

↓魯山人の日月椀。中は鱧のすり身、岩茸、芽ネギでした。

↓鰈のお刺身も魯山人の器で。

 

↓八寸は湯葉の味噌漬け、茗荷に巻かれた黄味鮨、小箱の中は蟹。

↓ひろうす。

岩手の松茸がたっぷりと入っていました。

 

↓歓声の上がったいくら!

 

↓栗大好き。

などなど、他にも素晴らしいお料理の数々でおもてなしいただきました。

 

大阪も台風被害の影響で外国人観光客は激減したとの事ですが、それを感じさせないほどデパートや繁華街は人で溢れています。

色々なところで「北海道も地震で大変だったしょう…頑張ってね。」と声を掛けていただき、

早く大阪のように元気を取り戻さなくては!と思いを強くして札幌へ帰りました。

東京は

雨です。

9月になったからと、頑張って秋物を着て来たので、思ったより涼しくてホッとしました。

 

昨夜は久しぶりに大好きなレストラン、Ataでお食事をしました。

 

↓本日一番のカツオのタタキ。水茄子、トマト、オクラをレモンを効かせたドレッシングでマリネした付け合わせも最高でした!

 

↓オマール海老。

爪はグラタンにしてくれます。

 

↓Ataといえばブイヤベース。

いつも残ったスープでリゾットを作ってくれますが、既にお腹がいっぱいだったので断念。

 

↓最後に子羊のローストがド〜〜ン‼︎

完全に食べすぎました。

 

↓Ataのカウンターの人気者、牛たち。

立派なお尻、他人事ではありません。

蒸し暑さ、戻りました。

こんな日は、キリッと冷えた白ワインが飲みたくなります。

ちょうどスタッフちゃん達とお食事会の予定があったので、みんなで夏の終わりを楽しんできました。

 

行き先は、イタリアンワインが美味しい、Φ(ファイ)。

 

 

白桃にゴルゴンゾーラとくるみ。

 

 

タラバガニとシシトウのタリオリーニ。

この日の一番!

 

いちじくのコンポートとはちみつのジェラート。

 

 

などなど、他にもたくさん食べて、飲んで、笑った楽しい会でした。

 

また秋になったらどこかに連れて行ってください〜とリクエストが。

 

はい了解〜。

レッスンレポとたまご好きの話。

週末は、お忙しい中Mさまがレッスンにお越しくださり、

もりもりゴージャスな「UVA」を手際よくバッチリ完成してくださいました。

デザインの肝となっているスカビオサを効果的にあしらわれ、とっても素敵です♡

お仕事がお忙しくご活躍のMさまにとって、メイフラワーズのレッスンが良い息抜きにになれたら嬉しいです。

来月も楽しみにお待ちしております!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここ最近撮り溜めた、たまご好きのオマケ写真です。

 

↓平岸にオープンしたしゃぶしゃぶ屋さん、「おわん」の九条ネギ入り出し巻きたまご。ほろほろで、たまりません。

ここのしゃぶしゃぶ、お出汁につけていただくタイプで、お野菜も美味しくて最近よく通っています。

 

 

↓石山通りのくにひら亭の鰻巻き。

うなぎが焼きあがるのが待ち遠しくて、必ず頼みます。

 

写真がないのですが、ジャスマックプラザの花遊膳の「明太だし巻きたまご」も大好物です。

 

↓そして最後はソウルでいつも豚肉のシメに頼むキムチチャーハン目玉焼きのっけ。最近のおしゃれな豚肉屋さんはチーズをまとわせてくるのですが、カロリーが恐ろしすぎて、避けながらいただきます。

 

皆さま、おすすめのたまごメニューがありましたら、ぜひ教えてくださいませ♡

大通公園

11丁目のビアガーデン・ドイツ村で

「プレッツェルキング」というフードブースを出店しています。

昨夜はヴァイスビアに、大好物のミートローフと白ソーセージをいただきました。

この白ソーセージは、皮をむいていただくタイプで、ふんわりしていて柔らかいのでドイツでは朝食にも食べられているようです。

はちみつマスタードにつけると美味しさ倍増です♡

 

実は一昨日も行きました。

そして、多分今夜も…!

短い札幌の夏…

お盆まで、毎晩大通公園11丁目に出没しそうです。

皆さまもぜひお出かけくださいませ♡

ソウルごはん。

トダムゴルのテンジャンチゲと、

えごまとホバクのチヂミ。

 

 

チョンダムミヨクのわかめスープと、

トッカルビ。

 

そして、

今回はずっと行ってみたかったソウル郊外のブンダンにある有名な豚肉屋さんに行くことができました。

(食べるのに夢中で写真を撮り忘れてしまいました…涙)

 

わたくしのソウル「豚焼肉の旅」史上、最強の美味しさで、これを食べたいが為に、また秋に旅の予約をしました。

 

 

 

お肉。

昨夜は和牛マフィアさんにお声掛けいただき、日本、韓国、香港、シンガポールの友人たちが集まって、和牛パーティーに参加してきました。

↓和牛マフィアさん達の決めポーズ。

 

アワビと牛肉を海苔で包んでパク。

ホルモンの昆布じめ。

目の前でジュージュー。

バーガーも。

牛のお出汁でおそうめんも。

などなど、極上の10箇所の部位を、様々な趣向でいただきました。

韓国と香港組から、とんでもなく凄いワインの差し入れがあったのと、ジャニーズアイドルさんの飛び入り参加があって、みんな大喜び‼︎

恐ろしいカロリーを摂取しながら、パーティーは延々と続きました。

 

 

(寝不足。)

お料理と、お道具と。

「美味しい」とか、「素敵」とか、言葉では表現しきれず、

「うーーー」とか、「ん〜〜〜」など、唸るか、息を飲んで無言になってしまうか・・・でした。

 

↓感動のお料理の一部です。

 

雲丹と鮑ともずく。こんなに細くてシャッキシャキのもずく、いただいたことがありません。超絶品!!

 

あこうのお椀。黄ニラの香りと食感がアクセント。

波の蒔絵・・・!!

蓋の裏はもちろん、お椀の中も全面に!

 

 

こんな分厚いくらげ、見たことありません〜〜〜

食感が最高でした。

ご主人が1年以上前から抑えて、やっと手に入ったんだとか。(中国の方にみんな買われちゃって、市場には出ないそうです)

 

宮崎のライチ、大きさとジューシーさに驚きです。うす〜〜〜いガラスの葉っぱのお皿・・・なんて贅沢なお遊びでしょう。オールドバカラにも引けを取らない存在感!

 

ご主人の美意識とこだわりに触れ、たくさんお勉強させていただきました。

また9月に伺うのを楽しみに・・

本湖月

週末は楽しみにしていた本湖月でのお食事のため、大阪へ行ってまいりました。

その朝の札幌の気温は19度。

大阪は36度でした・・!!

 

そんな暑さを忘れさせてくれる、入り口のこんな演出・・。

お店に入って1秒でもう感動!

 

七夕のしつらえ。

花器はパリ万博の時のバカラ。

紐が収まっている器は魯山人。

いや〜、参りました。

 

お食事はこれから写真を整理して、明日またアップします。