パラダイス

今回のソウル旅行は、Fのご招待でした。

最終日はパラダイスシティーに場所を移し、いつものメンバーでアットホームなお食事会がありました。

 

お部屋は素敵なジュニアスイート♡

こんなおもてなしに感激です♡

 

新しくオープンしたブティックホテルの中を案内してもらいました。

 

憧れのmoooiの家具がいたるところに・・・!

セレブリティーが来た時のインタビュー室として使っているお部屋も家具がとっても可愛くて〜〜!!

 

その奥には会議もできちゃう大きなテーブルが。

(この絵、7億円ですって・・・!!きゃあ〜〜)

 

どこを歩いていても素敵で、ワクワクします!

 

さりげなく飾られているものも、すべて有名アーティストの作品なんだそう。

大きなプールヴィラのお部屋も見せていただきましたが、夏には貸切でパーティーなんてしたら、最高です!

Fにぜひ企画していただきたい!!

素敵な空間

韓国人で初めてパリコレクションでショーをしたというデザイナーのジン テオク先生のアトリエに伺いました。

 

9月にベルリンで展示会があると張り切っていらっしゃるお姿は、80歳を過ぎているとは思えないパワフルさです。

 

↓パリのルーブル美術館で個展をされた時のレースのバルーンスカートに、デコラティブに装飾されたパーカーを合わせたマネキン。

おっしゃれ〜〜♡

 

↓テラスには先生がアフリカへ旅をした時に見つけたというオブジェが楽しそうに飾られていました。

ヨーヨーマの音楽がなんとも心地よく、

新しいアイデアやインスピレーションが生まれるのは、こういう素敵な空間からなんだ…

と、

札幌へ戻ったら、まずはメイフラワーズの作業場の整理整頓から始めよう‼︎と心に決めたのでした。

春のソウル


まだ寒さが残りますが、

ホテルのフラワーデコレーションは水仙やヒヤシンスと、春のお花がきれいです♡

春野菜の期間限定ビビンバがプロモーション中だったので、

早速いただきました。苦みや香りが美味しかったです!

デパ地下の野菜売り場も春野菜でいっぱいです。

ブティックも春色で溢れ、見ているだけで楽しい!

早く気温も暖かくなりますように…

久々に

ソウルへ向かいます。

夜便なので、ホテルへ到着するのは11時過ぎ。

夕食は機内食より美味しいラウンジでいただくことにしました。

この日のシェフメニューは…

真鯛のポアレ。

皮はパリパリ、身はふっくら。ソースは優しい味わいで、マイクロトマトも可愛いくて、大満足です。

 

さらには、大好きな四川よだれ鷄、鯖鮨、タンドリーチキン巻きまで完食。

あ〜美味しかった♡

この間、アートフェアで世界中を飛び回っている友人たちが、JALのラウンジがどこよりも美味しいと言っていたのを思い出しました。

わたくしは世界中のラウンジを知っているわけではありませんが、

「きっとそうかも…」と思えた、

楽しく美味しいラウンジでのひと時でした!

お鮨

帰国後まもなく、日帰りで東京に行きました。

香港の友人が「鮨さいとう」に誘ってくれたからです。

 

新規の予約はほぼ不可能。

常連さんさえ予約困難な、あの「さいとう」だからと、何ヶ月も楽しみにこの日を待っていました。

このために、香港や韓国から集まった9人の貸切です。

みんな大将のファンなので、お鮨の写真のみならず、大将の写真もバチバチ撮影しています・・


 

毛蟹、メジマグロ、のどぐろ、たち、あん肝・・と贅沢なおつまみをいただいた後、

握りへ・・

 

一番印象的だったのは、この雲丹です。↓

噂に聞いていましたが、甘いのなんのって・・・!!

 

たまごはカスタードプリンのような滑らかさで、最後の海苔巻きも絶品でした。

札幌でいただくお鮨とまた違った美味しさがあり、とても貴重な体験でした。

次回の予約は秋に・・・

 

パリでのバター漬けの日々がリセットされました!

 

 

おまけの写真↓

香港や韓国の友人からのお土産です。

ブーツがすっと入るよにと脚のパックも!!

他にもお菓子や海苔・・・たくさんありがとう!!

 

 

re see

ショー翌日はヴァンドームにあるVのショールームへ。

世界中からファッション関係者やショーに招待されたVICが次々訪れ、発表されたばかりの新作を早速オーダーします。

 

 

今回のコレクションは日本の「under cover」がプリントデザインを担当しているそうです。ちょっとドルチェっぽいかな?と思いました。

(わたくしはもっとシンプルで優雅なデザインが好きです・・・)

新作バックもずらり。

 

でもやっぱりVといえばドレス。

プレタなのに、オートクチュール級の繊細さ・・・♡

うわぁ〜♡

素敵〜

 

試着できないので、似合うかどうかイマイチわからない中、想像だけで決めるしかないのでした〜〜!

 

フランス料理

ショーの夜は、Vの社長さんと、今回初めて紹介された社長さんの右腕さんと一緒に、フォーシーズンズホテルの三つ星レストラン「ル・サンク」でお食事をいただきました。

ここへ来たのは10年ぶりくらいでしたから、ワクワクです!

 

↓いつも見るのが楽しみなフォーシーズンズの花装飾。

 

連日、毎食、お腹いっぱいで大変なことになっていますが、

↓ザ・フレンチ!なスイートブレッド(子牛のすい臓)や、

↓乳製品のおいしいフランスならではの、バターミルクたっぷりのシーバスは、やっぱりおいしくて・・・完食です。

↓デザートが絶品揃いなのもル・サンクならでは・・♡

大盛り上がりで、笑いが止まらず、食べていると同時にカロリーを消費している感覚でした!(そんなわけないか・・・)

 

過密スケジュールの合間に

Vが素敵なエクスペリエンスを準備してくれていました。

銀行家のお屋敷、The Nissim de Camondo hotel particulierを訪ねるショートツアーです。

ガイドさんがじっくり説明してくれたので、優雅な暮らしぶりや歴史背景を理解しながら楽しみました。

美しい調度品にうっとりです。

↓なんてかわいいデスク…♡

↓椅子が〜〜♡

↓カーペットが〜♡

↓こちらのカーペットも〜♡

赤は植物、濃い紫はメスの昆虫から取った天然染料だそうです。

100年以上経ってもまだこの発色…!

 

目の保養ができ、時差ボケも吹っ飛んだのでした。

昨日は、

待ちに待ったヴァレンティノ 2019秋冬のショーでした。

 

ゲストの雰囲気がFと違い、大人でエレガントな人々でいっぱいでした。

あっ‼︎

ハリウッドスターの…‼︎

え〜〜っと…

 

と、ほとんど名前は出てきませんでしたが、見覚えのある有名人がごっそりいました。

 

特徴的なプリントが印象的なコレクションで、

 

 

情熱的な音楽に合わせて、感動的なショーでした。

デザイナーのピエールパウロが登場すると、皆スタンディングオベーション‼︎

 

 

 

わたくしも、思わず最後はじ〜んときてしまいました‼︎

Vの世界観、本当に素敵です♡

パリその1

今回のお宿はプラザアテネです。

ファッションウィークとあって、いつもに増して素敵な人たちで溢れています♡

 

シャンデリアにぶら下げられた人のシルエットの飾り、とってもかわいかったです。

 

ディナーは今注目されている日本人シェフのお店L’ARCHESTEへ。

 

↓茄子のベーニエ

 

↓トリュフで見えないスペルト小麦のリゾット。

↓鴨。

↓最高に美味しかったシュークリーム‼︎

などなど、Vの楽しいスタッフさんたちと大爆笑しながらのディナーでした。

今回のためにたくさん準備してくれた皆さまに感謝です!